長期出張もあるグローバルな仕事。
自分の成長を実感しています。

海外営業部の中東地域担当営業として、アラブ首長国連邦・イラン・イラク・オマーン・カタールの5ヵ国を担当しています。年間売上計画や販売戦略の策定、サプライヤーとの交渉、お客様とのやりとり、アフターフォローまで一貫して携わります。2ヵ月に一度のペースで、中東地域へ1週間から1ヵ月ほどの出張に出かけます。自分の方針や取組がどのような成果に結びついたのかをすべて把握できるので達成感もあり、次に活かす改善点なども得やすいです。

世界の動きを注視して情報収集。
今後も新たなチャレンジを続けます。

海外の人たちと関わる機会が多い仕事なので、グローバルな視点を持って情報収集するよう心がけています。景気や為替の動き、国内外のニュースは他人事ではなく、ダイレクトに業務に影響を与えていることを実感。さまざまな経験を積み、広い視野で判断できるようになったと自負しています。今後は既存のやり方を超えて新しい取り組みにもチャレンジし、さらに飛躍できるよう努力を続けていきたいです。

8:00 出社

一日の業務を確認し、輸入代理店からのメールなどをチェック。緊急対応事項や、本日中に対応すべき事項などを確認し、作業の優先順位を決めて準備を行います。

9:00 ミーティング

部内で5分程度のミーティング。本日来社予定のお客様を確認するなど、連絡事項を共有します。朝までに入っていたオーダーを確認し、購買課と連携し、部材の発注を依頼します。

10:00 見積作成

見積作成や納期調整など、出荷に関わるフォロー業務を行います。担当している中東エリアにはほぼ毎日出荷予定があるため、漏れがないよう細かなところまでチェックします。

12:00 昼食

同僚と一緒に会社の食堂で昼食。社食は日替わりで2つのメニューから選べてとても美味しいです。おしゃべりをしながらリラックスするひとときです。

13:00 課題への取り組み

自ら立てた売上計画に達しているかを確認し、販売戦略の見直しなど対策を講じます。保留中の案件があれば再オファーするなどして対応にあたります。

15:30 客先への電話

中東地域のビジネスタイムが始まる時間。早急に連絡が必要な場合は電話で確認します。お客様からの電話にも対応し、出荷調整やアフターサービス等先方の要望にしっかり応えます。

17:00 退社

残業はほとんどありません。出張前や繁忙期は自分でスケジュールを管理し、スムーズに一日を終われるよう調整。残業も自分次第でコントロール可能です。

19:00 ジムや中国語講座へ

終業後はジムに行ったり、会社が主催する中国語講座へ参加したりとさまざま。金曜日には同僚と飲みに行くことも。2ヵ月に一度、部内で懇親会もあります。長期休暇は海外旅行に出かけることが多いです。