設備機械の構想から運用まで、一から創造する喜びを味わえる。

モノづくりの根っこである設備機械の
設計・開発を担当しています。

自社工場内にある、製品を製造する設備機械を設計・開発・メンテナンスする仕事を担当しています。高校・短大時代から夢だった「ゼロからのモノづくりに携わる」ことができ、とてもやりがいを感じます。設備機械の開発では、実際に製品製造に関わる作業者の意見がとても大切。作業しやすく、かつ間違いなく、品質の高い製品を製造するために、試作を重ねながら設備機械の開発に取り組んでいます。

会社としても重要視する部署で
活躍できる喜びがあります。

工進では積極的に設備投資を行っており、私たち生産技術が担う役割は重要なものです。専門の設備機械メーカーにも負けないよう日々努力を重ね、多くの知識とノウハウを積み上げてきました。コストパフォーマンスに優れ、高い品質の製品をロスなく製造できる設備機械を創造することは簡単ではありませんが、実際に設備が立ち上がったときの喜びは格別です。今後も会社の期待を追い風に、より良い設備機械を追求していきたいと思います。

ONE DAY STORY

7:30 出社

メールをチェックしたり、メンバーと連絡事項を確認したりして、始業に向けて準備します。その後、メンバー全員でラジオ体操が日課です。

8:00 設計

案件によって、構築する機械の図面を作成したり、導入する機械の選定作業を行ったりとさまざま。作業中に既存の設備で急なトラブルが発生した際には、緊急対応のため現場へ駆けつけます。

10:00 作業者打ち合わせ

設計した図案をもとに作業者とのミーティングを行います。仕様が正しいか、さらなる要望がないかをヒアリング。使い勝手の良さなども吟味しながら、設計内容を確認します。

13:00 設計構想

現場の設備を見て回り、稼働をチェックしながら、現在構想中の機械に活かせるような情報を収集。作業担当者の使用感を聞くなど、現場の意見を取り入れることも大切です。

17:00 日報作成

一日の業務をまとめて日報を作成し、上長に報告します。明日の予定を取りまとめ、翌朝からスムーズに業務に入れるよう準備してから退社します。

20:00 同僚との時間

帰宅後は、子どもと遊んだり話を聞いたりしながらゆったり過ごします。休日は、子どもと一緒に釣りに出かけたり、所属している社外の野球チームの練習や試合などに参加。長期の休みには家族と温泉など旅行に出かけて観光を楽しみます。